櫻田牧子
MAKIKO SAKURADA

完成度100%でなくとも速く動くことで生まれるValue。
「とりあえずやってみたらええやん」精神とは

About Me

2013年新卒でトリドール入社。入社から2年間、丸亀製麺の店長を経験。その後、神戸本社の営業サポート部へ異動。iPadを活用した帳票の電子化や、店舗からの声を吸い上げる"提案制度"の立ち上げなど、部門横断型のプロジェクトに従事。その後は、営業企画部で様々なプロジェクトを企画・実行。2018年10月よりマーケティング部に異動し、マーケティング活動の分析・リサーチや、制作物のクリエイティブディレクションなど多岐にわたる業務に従事中。

What's 'Finding'?

わからないことや未経験のことばかり、だからこそまず動く。それに対する周りの意外な反応に驚き

営業サポート部にいた頃に経験したプロジェクトは、初めてのことばかりでした。
プロジェクトが目指すべきゴールやビジョンは存在しているけれど、それを実現するためのプロセスがない状態だったので、誰かが関係部署をとりまとめて、動かないといけない。他部署の仕事など全くわからないことだらけです。
そこで私は、わからないことはとにかく訊きにいく、まず動く、ということを意識して行動しました。
もともと、大学時代にゼミのレポートのために、ロードバイクで四国を単独横断するなど、行動力はある方だとは思います。だから、それをいいことに、わからないことがあれば他部署へガンガン働きかける、すると物事がスピーディーに動く。自分では当たり前のようにやっていたことですが、周りからは「速いね」とか「なんでそんなに速く動けるの?」って褒められるんです。そこでこれは意外に価値があることでは?と気づき始めたのが私にとっての”Finding New Value”のきっかけです。

What's 'NEW'?

たとえ完成度が100%でなくても、速く動きフィードバックをもらうことは価値がある

もともと完璧主義・凝り性な方で、提案資料や仕事もきちっと100%仕上げてから周りに見せたいタイプでした。でも私が配属されていた部署では、とにかく成果やアウトプットを早く出すことを毎回要求されていたので、100%に仕上げるために迷っている時間が惜しい。まだ70%、時には60%程度の完成度のアイデアや提案資料でも、できるだけ早く関係者や上司にぶつけてみる。そうするとみんな「こうしたほうがいいよ」といった改善のフィードバックをくれます。
例え間違っていたことがあっても、フィードバックをもらえたらいち早く改善できる。もし自分が納得するまで仕上げるのに時間をかけてたら、最終的に正しいものにたどり着くのに、一層時間がかかってしまいます。だからまず思いついたことを形にして、周りにぶつけてみたほうが、結果的により高いレベルに早く辿り着けるのです。
トリドールは、ぶつかっていけばちゃんとより良い改善につながるフィードバックをくれる文化があります。
だから、自分のこだわりや完成度に固執して立ち止まってしまうより、まだラフな状態でもスピードを優先すること、これがトリドールに入って大きく変わった私の仕事スタイルです。

What's 'VALUE'?

成功か失敗かは関係ない。実行した人が圧倒的に正しい、と思う。

全てのチャレンジが成功するわけではありません、失敗だってたくさんしました。
でも、トリドールでは上司や周りがちゃんと見てくれている。動いてみたら失敗にもフィードバックがあって学びがある。育ててもらってるという実感がありましたね。

営業サポート部の時は様々な部署を巻き込んで部署横断型のプロジェクトを推進していく役回りだったのですが、現在のマーケティング部は逆に巻き込まれて動いていく部署の一つです。
マーケティングのデータ分析やリサーチの設計などを担当したり、同時に店舗で使う販促物のデザイン・ディレクションなども行なっていますが、私はもともと農学部出身で、実はデータ分析やデザインのディレクションなんて勉強したこともない(笑)
でも今いる状況の中で課せられた仕事はちゃんとできるようになりたい。
どうにかできることは、自分で動いてどうにかする。
まず動いてみると、何かしらの結果がすぐに出る。それが失敗だろうが、成功だろうが、
動かないよりは早くフィードバックが得られる。会社も「とりあえずやってみたらええやん」と背中を押してくれる。
だから私は実行した人が圧倒的に正しい、そう思っていますね。

デザインレイアウトのイメージや、ちょっとしたアイデアをまとめるのに欠かせないiPad

「食」の感動を届ける仕事をしていますが、私自身も「食べること」が大好き!

友人たちと初めての北海道旅行へ。美味しいものをたくさん食べてきました!最高だったのは北海道ラーメン!